株式会社旭製作所は製缶から組立・試運転、調整まで、産業機械装置製造における一貫生産の会社です。

ご希望の方に無料でハンドブックお送りいたします!機械製造におけるポイントをわかりやすく解説!
 
株式会社 旭製作所
住所 :
大阪府交野市星田北5丁目53-2
TEL : 072-893-2220
FAX : 072-893-2223
E-mail : harima@asahi-seisaku.com
TOP > 製造へのこだわり1

製造へのこだわり1

製造へのこだわり 2へ >>
製缶から組立、試運転・調整までの「一貫生産」によるモノづくりへのこだわり
私たちは創業以来、製缶・塗装・機械加工・組立・試運転・調整までの一貫生産を行っております。社内生産体制の整備と製造ノウハウの蓄積により、お客様のニーズに合わせたモノづくりをワンストップで提供してまいります。

産業機械・装置製造のおおまかな流れ

製缶
機械本体のベースやフレーム、カバーなどの原型を作る工程です。 材料の切断、穴あけ、折り曲げ、溶接、仕上げの各工程があります。
塗装
鉄などの材料を使用して作る機械は、塗装しないと錆びてしまうし、そのままだと味気ないですよね。機械の色が工場の印象を決めてしまうといってもいいくらいです。
機械加工
回転体をつくる旋盤やシャフトの通り穴をあける中グリ、部品と部品の合わせ面をよく削るフライス部品を取り付けるネジを切るタップなど様々な加工が行われます。
組立
部品やユニットが揃ったらいよいよ組立て工程です。
一つ一つ慎重に順番通りに組まないとうまく動作しません。
大型の機械なら特に慎重さを求められます。
油圧エア配管
機械を動かす油圧やエア。その配管も重要な作業のうちの一つです。配管サイズや配管経路など、配管図通りに作業しないといけませんね。
電気配線
工場の一次電源は家庭用とは異なり高電圧が流れています。
また、機械内の配線も正しく行われていないと事故や誤作動につながります。ここでも慎重さと技術が求められます。
試運転・調整
組み上がった機械は一度試運転をして、ちゃんと動くかテストしないといけません。テストと調整を繰り返して万全に仕上げていきます。
納品
ようやく納入です。
手塩にかけてつくった機械。
大事に梱包されてお客様の元へ旅立っていきます。
製造へのこだわり 2へ >>
▲ このページのトップへ